So-net無料ブログ作成
検索選択

フランス 5日目 Part2 サントシャペル [2011年 冬 フランス]

あっという間に8月だ~。
夏休み突入直後、転勤でシンガポールに行った友人Kが一時帰国。
友人Kの子供Tちゃんは、娘の親友。
帰ってきてからずっと2人で遊んでいます。
Tちゃんがうちにお泊りしていたので、結構バタバタしていました。
もうすぐシンガポールに帰ってしまう友人KとTちゃん。
親子そろってさみしい気持ちでいっぱいです・・・

お正月フランスに行ってきました♪
備忘録も兼ねていますので長くなります。すみません~。

コンシェルジェリーの次に向かったのは「サントシャペル」
シテ島にあるサントシャペルは美しいステンドグラスで有名です。
まだ行ったことがなかったので、今回絶対行きたかったところの一つ。
フランス 5日目 サントシャペル 6.jpg
どうやら工事中のようです。

フランス 5日目 サントシャペル 1.jpg
中に入るとこんな感じ。ステンドグラスが見当たりません・・・
あるみと「もしかして工事中で見れないとか?!」と不安になっていると
小さな入り口からたくさんの人が出てくるのを発見。
行ってみると、狭い階段でした。

その階段を上ると・・・
フランス 5日目 サントシャペル 5.jpg
2階に上がった瞬間、ほとんどの人が感嘆の声を上げる、圧巻のステンドグラス!

フランス 5日目 サントシャペル 4.jpg

フランス 5日目 サントシャペル 3.jpg
美しいバラ窓。すてきだ~~。

フランス 5日目 サントシャペル 2.jpg

フランス 5日目 サントシャペル 7.jpg

サントシャペルは、13世紀、ルイ9世によって作られました。 
 ルイ9世は信仰深い国王で、ビザンティン皇帝から
「キリストの荊冠」と「キリストが磔にされた十字架の破片」を譲ってもらいます。
 
当時、隣にあるコンシェルジェリーは宮殿として使われていました。
ルイ9世は、王宮の隣に2つの聖遺物を安置するため、教会の建設を命じました。
1248年、わずか33か月でこの教会は完成し、2つの聖遺物が納められたそうです。

それにしても美しすぎます・・・
お土産物屋さんをのぞくと、バラ窓をモチーフにした、ステンドグラスのペンダントトップが。
「コムラン」と言う宝飾メーカーが作っているもので、
すごく素敵なんだけど、お値段も素敵w
すべて手作り、そしてそしてそのステンドグラスを囲む周りは18K。
小さなものでも3万くらいしています・・・
すごく欲しくて悩んだんだけど、実際買っても眺めることのほうが多そうだし、我慢しました。
でも本当にかわいかった~。

このサントシャペル、ミュージアムパスで入場できます♪
素晴らしいステンドグラス、一見の価値あり!です。


メトロ(地下鉄)の入り口。
フランス 5日目 シテ.jpg
なんかかわいくて好きだ~♪

続く~。
nice!(14)  コメント(14) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。