So-net無料ブログ作成
検索選択

春が近づいている [日記]

なんだかバタバタとしている間に春休みに入って、
すっかり更新をさぼっていました。

いつも少し早めに満開を迎える、うちのお隣の桜の木。
2011 隣の桜.jpg

すっかり満開になっていました。
毎年「来年こそゆっくりお花見がしたいな~」と思いつつ、
気が付いたら今年も満開です。
今年はいつもより寒い日が多いですが、少しづつ春に向かっているんですね。

地震によって大変な思いをされている方が多い中、
何事もなく、今まで通り過ごせることを幸せに思ったり、なんだか申し訳なく思ったり。
それでも自分に出来ることは普通に生活して行くことかなと思っています。
最後まで悩んだお出かけも行くことにしました。
私の住む所でも、乾電池やミネラルウォーターが売切れてます。
過剰に反応することなく、生活して行くことが一番ですよね。

久々に更新したのですが、しばらくお休みします。
4月中旬くらいの予定です♪
復活したらまた皆様のところに遊びに行かせて頂きますね~。
nice!(8)  コメント(14) 

大地震 [日記]

本当に大変なことになってますね。

地震が起こったとき、揺れを感じず、テレビもつけていなかったので
しばらく地震が起こったことも知りませんでした。
しばらくしてPCをつけたら「津波警報」の文字が!
あわててテレビをつけ、大きな地震が起こったことを知りました。

最初は情報がなかったでよくわからなかったのですが、
日を追うにつれ、被害の甚大さが伝わってきます。
津波の映像はまるで映画の中の出来事のようで、これが夢であればいいのにと
何度も思いました。

たまたまその日、東京出張していた夫も、一時連絡が取れなかったり、
家に帰れなかったりとかなり心配しましたが、無事帰宅し、
被害の大きい福島に住んでいる友人とも連絡が取れ、
こちらではいつもと変わらず平穏に暮らせる事を本当にありがたいと感じています。

地震、津波、そして原発も不安定な状態で本当に心配です。
一人でも多くの方の無事でありますように。
心よりお祈り申し上げます。


nice!(8)  コメント(13) 

エジプト 7日目 part1 ギザのピラミッド クフ王 [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

P1040513.JPG
3のアスワンから5のギザまでの列車移動。結構な距離ですね~。
ぐっすり…とは言えないけどちゃんと眠れてすっきり。
早めに起きて用意をしているとベッドを元に戻しに来てくれ、その後朝食を運んでくれます。
その朝食がこちら・・・・
エジプト 7日目 ナイルエクスプレス 1.jpg
今度はパンONパンかぁ~。どうして同じものを重ねるんだろう~。
やるね!ナイルエクスプレスww

エジプト 7日目 ナイルエクスプレス 2.jpg
エジプト 7日目 ナイルエクスプレス 3.jpg
まだ早朝です。この時点でも結構暑いんですが、灼熱のアブシンベルから来た為なのか
「カイロ、涼しいね~」となりましたw
イメージ的にカイロはあつい!と思っていましたが、エジプトでは北部に当たるのね。

一旦ホテルに向かい、荷物を降ろして休憩した後、ピラミッドに向かいます。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 1.jpg
だんだん見えてきました~~!!

クフ王のピラミッドです。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 2.jpg
写真に入りきらないw

クフ王のピラミッドは約4500年前に作られました。
230万個の石が使われ、1つの石の重さは平均して2.5トンあるそうです。すごい~。
高さは146メートル。先の部分が取れてしまっているので
「本来の高さはこれだけなんだそ~!」という棒のようなものが立っています。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 10.jpg

現在入場者数を制限していて、1日300人だそうです。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 3.jpg
写真中央に石が合わさったようになっているところが本当の入り口。
でも当然ここは閉まっているので、その右下にある黒っぽい「盗掘口」がら入ります。

ピラミッド内部もカメラビデオ持ち込み禁止です。
まず入り口まで行くだけでも相当つかれます・・・・
中に入るとかなりの湿気。そして急な階段や、しゃがまないと取れないような階段。
決して広い階段ではなく、時には降りてくる人とすれ違うのも大変な所もありました。
「いつまで続くんだ~~」と思っていると、急に大回廊に出ます。
長さは50メートル、幅もゆったり、そして天井もすごく高いです。
4500年も前にこんなものをどうやって作ったんだろう・・・と考えながらすすんでいくと
石棺が置いてあります。王の間といわれ、クフ王の埋葬場所だったといわれています。
石棺の中をのぞいてみると・・・なんと誰かが寝ていました!!
目を閉じで、微動だにしないので人形?でもなぜ白人?と話していると
むくっと起き上がって大回廊のほうに行ってしまいました。
どうも「クフ王気分」で瞑想中だったようですw 邪魔しちゃったw 

ところどころに通気口があり、手をかざすと空気の流れを感じます。
本当にすごいなぁ・・・
そのあとまた来た道を戻ります。足はがくがくw

そのあとは写真タイム。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 4.jpg
人がとっても小さく見えます。

続いてはカフラー王のピラミッド。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 6.jpg
ピラミッドの先端部分に装飾が残っています。
ピラミッドというと、階段状の~とおもいますが、実はこんな風に装飾され、
表面はピカピカしていたそうです。
それが経年の劣化で剥がれ落ち、今のような状態になったそうです。

エジプト 7日目 ギザピラミッド 7.jpg
そして最後はメンカウラー王のピラミッド。
隣にあるのは子供や奥様のものだそうです。(ちょっとあやふやですw)

そして3つのピラミッドが見渡せる場所へ。
エジプト 7日目 ギザピラミッド 8.jpg
ここでピラミッドを手のひらに乗せたような写真を撮ったり、先をつまんでみたりw

エジプト 7日目ギザピラミッド 9.jpg
この風景にはラクダがぴったりだぁ~。

続く~。
nice!(7)  コメント(10) 

エジプト 6日目 Part3 ナイルエクスプレス [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

列車の外観は埃だらけで、優雅な列車の旅とは程遠い感じw
一応1等のコンパートメントです。

エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 4.jpg
隣はツアー中に仲良くなったA&Sちゃん.
コネクティングになってました。家族旅行にも対応OKですね。
窓際のまん丸いものは洗面台です。

エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 3.jpg
開けるとこんな感じ。

困ったのはトイレ
エジプトのトイレは汚いのですが、ここもなかなかw
持参したトイレットペーパーを便座にひいたりして対応してきたのですが、
ここの便座はなぜが45度跳ね上がってる・・・
最初はまだよかったのですが、「どうやったらこんなびしょびしょになるのよ~~」と
泣きたくなるくらい便座がぬれていて、使用不可能・・・
車両を移動してなんとか使えるところを見つけましたが、
乗ってすぐ行っておくほうがいいかも。

列車は静かに動きだし、さっそく夕食の時間になりました。
最初はこれは何??と思っていた隙間に板を差し込み・・・
エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 5.jpg
テーブルの完成ですw

そして運ばれて来た夕食は・・・・
エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 6.jpg
衝撃の主菜のチキンと副菜のチキンwww
ポテトのついてるほうがメインかな~www」
しかも私のほうはサフランライスでしたが、

エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 7.jpg
あるみのはサフランライスですらないw
なんていい加減なんだ~。
味は食べられないというほどではなかったけど、ピザを買っておいて正解!

エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 2.jpg

エジプト 6日目 アスワンスーク 9.jpg
生地も薄くてサクサク♪ 美味しかったです♪
ついでに念のため、日本から持参していた「おかゆ」も食べ、荷物も減って一石二鳥!

エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 9.jpg
果物屋さんで買ったマンゴーとデーツ。
マンゴーはすごく甘く、めちゃくちゃおいしかった♪ 

エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 8.jpg
そして乾燥したら何やらアダルティーな効果があるかも?!の気になる果物、デーツw
完熟したデーツは干し柿のような濃い甘味でとっても美味しかったです♪

しばらくすると食器の回収とベッドメイキングに来てくれます。
エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 10.jpg
2段ベッドに変身! このあたりはヨーロッパの電車と同じですね。
写真の撮ろうとしたら、わざわざ戻ってきてポーズw ご陽気です。

とにかく狭く、スーツケースを開けるのも一苦労なので、
先日にサブバッグの中に着替えや洗面用具の用意をしておく必要があります。
お風呂はついていないので、日本から「ビオレのサラサラデオドラントシート」を持参。
これがとっても役立ちました♪ 全身拭いてちょっとすっきり♪
その後は上下に分かれて高校時代の話で盛り上がりましたw

電車の振動と音で眠れなかった人もいたようですが、私たちはぐっすり眠れました。
朝起きると移動完了っていうのは時間が効率的に使えて便利ですよね。

続く~。
nice!(6)  コメント(5) 

エジプト 6日目 Part2 アスワンのスーク [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

遅い昼食が終わって、そのあとは行程表にはなかった自由行動が。
この後「ナイルエクスプレス」に乗ってカイロまで移動するのですが、
どうやらそこで出される食事がかなりひどいらしく・・・
ガイドのもっちゃんが「絶対何か買って乗ったほうがいいと思う・・・」とのことで
時間を調整してくれて、出発までの間に駅前(?)で買い物することができました。

エジプト 6日目 アスワン 1.jpg
アスワンの駅に到着。
エジプト 6日目 アスワン 2.jpg
駅の構内にあったもの。なんて書いてあるのかな?コーラン??
エジプト 6日目 アスワン 3.jpg
駅の中はこんな感じです。

この近くにはマックがあるというので、エジプトの食事全般がだめ…という
A&Sちゃんはマックを探しに行きました。 私たちはもちろんスークへ。
エジプト 6日目 アスワンスーク 1.jpg
エジプト 6日目 アスワンスーク 2.jpg
何かわからないけど多分ジャムw エジプト 6日目 アスワンスーク 4.jpg
親子で販売中。

エジプト 6日目 アスワンスーク 3.jpg
日本でいう乾物屋さん??と思ってみていたら・・・
エジプト 6日目 アスワンスーク 7.jpg
マジデスカ・・・・

エジプト 6日目 アスワンスーク 5.jpg
この果物屋さんでマンゴーを購入。デーツ(ナツメヤシの実)が売ってたので
欲しそうに眺めていると「試してみて!」と頂けました♪

A&Sちゃんは結局マックを発見できなかったようで、
ガイドのもっちゃんおすすめのピザを一緒に買いに行く事にしました♪
エジプト 6日目 アスワンスーク 8.jpg
アラビアかイタリアか?」と聞かれ、わけもわからず「アラビア!!」
どうやらピザの種類だったようですw

「ナイルエクスプレス」というとちょっと豪華なイメージがありました。
きっと「オリエントエクスプレス」の影響でしょうかw
でも・・・・
エジプト 6日目 ナイルエクスプレス 1.jpg
人生はそんなに甘くありませんww

この列車に乗ってカイロに向かいます♪

続く~。


nice!(8)  コメント(9) 

エジプト 6日目 Part1 アブシンベルの夜明け [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

外が暑すぎるからなのか、エアコン自体の性能の問題なのか
なかなか部屋が涼しくならず、何度か目が覚めました。
今日は早朝に集合してアブシンベル神殿から朝日を見ます。

エジプト 6日目 アブシンベル夜明け 1.jpg
まだ薄暗いです。

エジプト 6日目 アブシンベル夜明け 2.jpg
しばらくするとだんだん明るくなって来ました。

エジプト 6日目 アブシンベル夜明け 3.jpg

エジプト 6日目 アブシンベル夜明け 4.jpg
見る見るうちに朝日が上がってきました。
普段ゆっくりと日が昇るのを眺めたりすることがないのでちょっと新鮮。

エジプト 6日目 アブシンベル夜明け 6.jpg
神殿も朝焼けに染まって綺麗でした。
昼、夜、朝と3回も来たアブシンベル神殿。
次にこの神殿を見る事ができるのはいつになるんだろうな~。
もしかしたらもう来れないかもしれないと思って、しっかり目に焼き付けてバスに向かいます。
本当に今の状況だと、いつ安心して観光できるようになるのかわからないですよね・・・

アブシンベル神殿はもともと岩山を掘る形で作られた神殿。
岩山の代わりに鉄骨のドームが作られ、神殿の後ろは空洞で、
周りの景色と違和感がないように、コンクリートで固められ、岩山のようになって
神殿を補強しています。
エジプト 6日目 アブシンベル夜明け 7.jpg
後はこんな感じです。

ホテルに戻り、朝食をとり、荷物を片付けてここからまたアスワン逆戻り。
またまた270キロのバスの旅です。
行きと同じように銃を持った兵士が乗り込んできます。
行きの人よりかっこよかったな~w
帰りは砂嵐が起こってしまい、ちょっとかすんだようになっていました。
この影響で飛行機利用のツアーは飛行機が飛ばず、遅れが出てしまったそうです。
疲れはあるけどバスでよかった!!

昨日は比較的きれいに見えていたアスワンハイダムも砂嵐でかすんでいます。
エジプト 6日目 アスワンハイダム 1.jpg

途中、「砂漠の砂取りますよ~」とバスを止めてくれました。
エジプト 6日目 砂漠の砂 2.jpg
さらっさらの砂。

エジプト 6日目 砂漠の砂 1.jpg
行程表に砂漠の砂採取とあったので、もっと砂漠っぽい所かな?と思っていましたが、
思いっきり道端ですw
ここの砂が取りやすく、きれいなのでほかのツアーでもここで砂を取るみたいです。

エジプト 6日目 アスワンに到着 1.jpg
かっこいい兵士のお兄さんとはここでさようなら~。

そして昼食。
エジプト 6日目  昼食 1.jpg
お米型のパスタスープ
エジプト 6日目  昼食 2.jpg
エジプト 6日目  昼食 3.jpg
同じようなものが続きますw

エジプト 6日目  昼食 4.jpg
パピルスと言われる植物を使って作った紙に書かれたアンクが飾られていました。

続く~。
nice!(4)  コメント(4) 

エジプト 5日目 Part4 アブシンベル光のショー [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

跳ね返りもあって、今まで生きてきた中で一番暑い体験かも~と思いつつバスに向かいます。
神殿内ももちろん涼しくはないのですが、外に比べれば涼しかったのと、
ずっと見たかったアブシンベル神殿に感動していたので、それほど苦痛ではなかったです。

バスの中は冷房全開w 「暑かったね~」と言っている間に今日のホテルに到着。
するとツアー中に仲良くなったAちゃんがにこにこしながらこっちにやってきて、
「ぶりきさん~。今何度だったと思いますぅ~?!」
「めちゃくちゃ暑かったけど、何度だったの?」
「56℃です~!!!」
ま、マジで?!マジデスカ・・・・まぁ午後1時半くらいだったし、一番暑い時間とはいえ
人生で初の50℃越え。でも素直に納得できるくらい暑かった…というか息苦しかったですw
添乗員さんも気温を教えないはずだわ~。
そういえばここアブシンベルはエジプトの最南端。
お隣のスーダンまでは50キロと、エジプト都市部よりスーダンのほうが近いようで、
そう考えるとこの気温も納得・・・・
いつも気温の情報をくれるAちゃん。温度計でも持ってるのか聞いてみると、
バスのメーターのところに気温が出ているそうです。知らなった~。

でも・・・添乗員さんの言うとおり、知らないほうがよかったかも。
50℃以上あったのか~。暑い~あついよ~となってしまいましたw

エジプト 5日目 アブシンベル  ホテル 1.jpg
エジプト 5日目 アブシンベル  ホテル 2.jpg
ホテルはコテージタイプ。こじんまりして可愛いホテルでしたが
なぜか室内の写真がありません・・・

次の集合は夜。それまでの間、この暑さの中でも「出かけよう!」いうあるみ。
なんて元気なんだ~。でもあるみがそういうなら行ってみる~?死ぬかもよw
それであるみの持っていた地図をよく見てみると・・・・
お店があるのはさっき行ったアブシンベル神殿の小さな売店だけw
本当に何もないところです。
仕方がないのお昼寝したり、荷物の整理や、洗濯をしたりしてのんびり過ごしました。

夜に再集合。アブシンベル神殿で行われる光のショーを見に行きます。
エジプト 5日目 アブシンベル  ホテル 3.jpg
エジプトの民族衣装、ガラベイヤで登場のもっちゃん。よく似合ってる♪

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 ライトアップ 1.jpg
この椅子、もちろん石材で作られているのですが、夜なのにまだ熱いw
まるで岩盤浴してるみたいでした・・・
集まったほとんどが日本人だったので、音声は日本語で行われました。
その日に集まった一番多い国の言語で行われるようです。

ショーは巨大な大神殿と小神殿をスクリーンにして映し出されるもので、
ショーというにはちょっと無理がある感じ。
アブシンベルまでは深夜に出発し、早朝に見学(暑いのでw)
そのまま日帰りというコースも結構あるので、
このショーはアブシンベルに泊まった人しか見れません。
こんなところまで何度も来れないし、一度は見ておいてもいいかな~といった程度です。

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 ライトアップ 2.jpg
大神殿。
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 ライトアップ 3.jpg
小神殿。
それでもライトアップされた神殿は本当にきれいで、感動しました。

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 ライトアップ 4.jpg

ホテルに戻って夕食です。
エジプト 5日目 夕食 1.jpg
エジプト 5日目 夕食 2.jpg
この日もビュッフェでした。

部屋に戻って洗濯物を確認。
テラスがあったので外に出しておいたのですが・・・カラカラに乾いてる~~~!!
私はUVカットの薄手のパーカーを洗ったのですが、薄手とはいえ、
所詮手で絞ったので、きっちり水分が取れていたわけではないのにカラカラですよ!
2時間ほどしか干してないのに~。
もちろんほかのものもカラカラに乾いてました。
っていうことは相当乾燥してるってこと??
あるみも私もあわてて水分パック。 乾燥が気になるお年頃。
もちろんいつもよりたっぷりと保湿クリームを塗って寝ましたw

続く~。
nice!(5)  コメント(7) 

エジプト 5日目 Part3 アブシンベル神殿

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

絶対に見たかったアブシンベル神殿に到着♪ やっと見れるのね~と興奮する反面、
昼食の時、尋常ではない暑さを感じたのでポカリをもってバスを降ります。

バスを降りた途端・・・・あ~~~~あつい~~~~。
顔面に大きなドライヤーで、しかも至近距離で風を当てられているようなそんな感じw
風が強いので下を向くと地面からとんでもない暑さがwww
地熱ってすごいのね・・・・
このままでは私は蒸し豚?焼き豚?どっちにしても中までしっかり火が通りそうだなwなんて
ぼんやり考えながら神殿前まで歩きます。
今回も一応添乗員さんに「何度あるんですかねぇ~?」と聞いてみましたが
「いや、絶対しらないほうがいいですw」と教えてくれませんでしたw
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 13.jpg
ナセル湖です。

アブシンベル神殿(左が大神殿、右が小神殿です)いい写真がありません・・・
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 4.jpg
アブシンベル神殿はラムセス2世が作った神殿で、大神殿、小神殿の2つの神殿があります。
大神殿は太陽神ラーを、小神殿はハトホル女神をまつってあり、
小神殿はラムセス2世最愛の王妃、ネフェルタリのために作られたといわれています。
この神殿は長年砂に埋もれたままになっていたのを1980年代、発掘により発見されました。
元々大きな岩山を掘り進むように作られた一枚岩の神殿でしたが、
アスワンハイダム建築により、このアブシンベル神殿をはじめ、多くの遺跡
ナセル湖に水没してしまう予定でした。
でもそれではいけない!ということでユネスコが呼びかけ、多くの国が参加。
もちろん日本も参加しています!!
そしてこの救済がきっかけで歴史的価値のあるものを守ろうという国際機関が生まれました。
それが「世界遺産」だそうです。すごい~~。

元々は岩山を掘る形で作られ、どちらの神殿の一枚岩から作られていました。
それをすべてブロック状に切断し、丘の上に再構築されたわけです。
その様子をせつめいしてくれるガイドのもっちゃんw
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 2.jpg
これだけものもが一枚岩っていうのも驚く・・・
古代にこんなすごいものを作ったエジプト人にもびっくり!
そしてこの遺跡を残すためにこんな大きなものを完璧に移築した現代人もすごい!!

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 3.jpg
小神殿です。
ネフェルタリのために作ったといいながら、6体ある立像のうち、4体はラムセス2世ww
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 5.jpg
神殿のカギが「生命のカギ」アンクになってます。

Aちゃんが持たせてもらっていたのでついでに撮らせてもらいました♪
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 6.jpg
この後、私もマミースタイル(胸の前で手をクロスする)でカギと一緒に写真を撮りました。
もちろん有料w そしてこれは係員さんのものになりますw

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 7.jpg
神殿内にはハトホル女神の像が並んでいました。
神殿内は撮影禁止なので、入り口から。
さっきアンクの写真を撮るのにチップを渡したからか、
「もっと中で撮っていいよ~」と言われ、かなり心が揺らぎましたが入り口から撮りましたw

そして次は大神殿です。
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 8.jpg
こちらの像はもちろんすべてラムセス2世w 入り口の上に小さくあるのが太陽神ラー。

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 9.jpg
ラムセス2世の大好きなネフェルタリは小さく足元にいます。

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 10.jpg
ラムセス2世のカルトゥーシュ。太陽が2つあるのが特徴です。

エジプト 5日目 アブシンベル神殿 11.jpg
こちらも撮影禁止の神殿内。

そしてその奥にあるのが至聖所です。
エジプト 5日目 アブシンベル神殿 12.jpg
ここにはプタハ神、アメンラー神、ラムセス2世、ラーハラクティ神の4体の像があります。

そしてびっくりなのはここからですよ~!!
入り口から63メートルのこの神殿の奥。年に2回、日が差し込み、像を照らします。
その日が2月20日と10月20日。
2月20日がラムセス2世が生まれた日。10月20日は王に即位した日だそうです!!
しかも日に照らされるのは3体のみ。冥界神であるプタハ神にはあたらないそうです。
すごい・・・すごすぎるよ~。
暑さも忘れて大興奮してしまいました~。
しかし移築された現在では差し込む日が2日ほどずれてしまったそうです。
現代の知識は古代の知識にはかなわなかったようですw

続く~。
nice!(5)  コメント(4) 

エジプト 5日目 part2 270キロ先、灼熱のアブシンベル [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

この日は大移動日。270キロ先のアブシンベルに向かいます。
アブシンベルまではバスで移動するか、飛行機で移動するかになります。
私たちもツアーを選ぶときに迷いましたが、飛行機は遅れたり、最悪飛ばなかったりして
その後の予定が狂ってしまったというのも少なからずあるようなので
ここは多少疲れても確実なバスを選択しました。

P1040514.JPG
アスワンからアブシンベルまでは一本道。
テロや盗賊から観光客を守るため「コンボイ」という隊列を組んで移動します。
警察車両が先導し、ツアーバスなどには銃を持った兵士が乗り込んできます。
このコンボイには入らず、単独で行動することは禁止されています。
アブシンベルまでは何もない砂漠の一本道。単独行動して万が一故障でもしたら・・・
それは命に係わります。こわ~~~。
この日は大きなバスは私たちだけ。後はミニバンが多かったです。
前列の車が故障をしても後列の車が乗せられるように、大きなバスで
しかも人数に余裕がある車が最後を走ります。まさに私たちのバスw
銃を持った兵士が乗り込んできました。

エジプト 5日目 コンボイ アブシンベルへ 1.jpg
この先何もないのに歩いている・・・いったいどこに行くんだろう~?
モロッコでも同じようなことがあって、見渡す限りの平原でバスを降りる乗客・・・
何を目印に降りてるのかも不明w 謎が多いわ~。

何もない砂漠を爆走するバス。ツアーの方々もほとんど寝てます。
エジプト 5日目 コンボイ アブシンベルへ 3.jpg
そして兵士のお兄さんも爆睡中・・・・大丈夫かww

そのうちに見えてきたものは・・・・
エジプト 5日目 コンボイ アブシンベルへ 4.jpg
エジプト 5日目 コンボイ アブシンベルへ 5.jpg
これ、何かわかりますか?? 蜃気楼なんです~。私初めて見ました~♪

エジプトの道には時々こんな風に障害物を置いてあります。
エジプト 5日目 コンボイ アブシンベルへ 6.jpg
これも素早く通り過ぎることができないようにして、テロを防止しているそうです。
97年のテロ以降、かなり対策が強化されたようです。

この日は風が強く、砂嵐が起こりました。
エジプト 5日目 コンボイ アブシンベルへ 7.jpg
砂漠なので 強い風が吹くと砂が巻き上げられ、突然前が見えにくくなります。
3月~4月はこの砂嵐が多いらしく、最も観光に不向きな時期となります。
砂嵐と言われてもなかなかイメージできなかったけど、こうやって見ると納得。
あっという間にアスファルトの道路が砂で隠されていきます。
古代エジプトの遺跡は砂で埋もれてわからなくなっていたものも多く、
こうやって砂で隠されていったのかな~と思いながら見ていました。

やっとアブシンベルに到着~~。早速お昼御飯です♪
空港近くのホテル(ペンション?)で食べるみたい。
バスを降りると・・・あ・・・あつい・・・・すごく暑い。
肌を出しているともう危険なレベルです。
みんな口も利かず、さっさと建物の中に。

エジプト 5日目 アブシンベル 昼食 1.jpg
天井が高く、空気が移動するよう考えらえたヌビアの伝統的な建築方法だそうです。
エジプト 5日目 アブシンベル 昼食 2.jpg
エジプト 5日目 アブシンベル 昼食 3.jpg
エジプト 5日目 アブシンベル 昼食 4.jpg
いつもの前菜、これはここまで来ても変化なしw
トマトベースのシチュー。これはまぁまぁ。
エジプト 5日目 アブシンベル 昼食 5.jpg
冷たく冷やされたフルーツが一番おいしかった~。

エジプト 5日目 アブシンベル 昼食 6.jpg
ラクダちゃんもいました。まつ毛が長くてかわいい~。

これからさらに灼熱地獄にさらされることに・・・泣

続く~。
nice!(3)  コメント(5) 

エジプト 5日目 Part1 アスワンの石切り場 [2010年 夏 エジプト]

夏休み、親友あるみと2人でエジプトに行ってきました~。
備忘録を兼ねてますのでかなり長くなります。興味のない方は読み飛ばしてください~。

先日の夜はどこにも出かけず、さっさと寝たせいかなんだかすっきり。
早めに起きて朝食に向かいます。
エジプト 5日目 朝食 1.jpg
相変わらずパンが多いw でもおいしいからまぁいいか。
エジプト 5日目 朝食 2.jpg
たっぷり食べて、今日も元気に出発です♪

アスワンは良質な花崗岩が取れることで有名だそうです。
オベリスクや、神殿などに使われた石材もここからのものではないかと言われているそうです。
わざわざ石切り場を見学するのは、ここに切り出すのに失敗したオベリスクが残されているからです。
古代エジプトからずっと放置w
でもそのおかげで私たちが見学する事ができるんですけどね。
エジプト 5日目 アスワン石切り場 1.jpg
石切り場に到着。早朝だというのに日差しがハンパないです・・・・

エジプト 5日目 アスワン石切り場 2.jpg
これがその切りかけのオベリスクです。
明るすぎてちょっと見づらいですが、三角錐になっているのがわかるでしょうか?
隣にいる人がとても小さく見えますw
これはうまくいけば史上最大のオベリスクになる予定でした。
でもひび割れてしまったため、そのまま放置されてしまったそうです。

石材の切り出し方は、まず乾燥させた木のくさびを打ち込み、それに水をかけて膨張させる
という方法で切り出していたそうです。
そんなに簡単に切り出せるの~と思いましたが、なにかコツがあるんでしょうね。

エジプト 5日目 アスワン石切り場 3.jpg
反対側に回ってみました。Aちゃんが「もう一度戻って対比(人との)の写真撮ります!」
というので体力のないほかの参加者たちは便乗して撮らせてもらいましたw
小さなオレンジのまるで囲んであるのがAちゃんです。

エジプト 5日目 アスワン石切り場 4.jpg
やっぱり寝ているw なんだかいつもの自分を見ているようだw

アスワンハイダムの隣を通ります。昔学校で習いましたよね~。
エジプト 5日目 アスワンハイダム 1.jpg

エジプト 5日目 アスワンハイダム 2.jpg

アスワンハイダムは1901年に完成したダム。
ナイル川の氾濫と農業用水の確保のために作られました。
その後ろにあ留貯水池は当時の大統領、ガマール・アブドゥー=ナセル大統領の功績をたたえ、
「ナセル湖」と呼ばれています。

そしてこの後、さらに南部の「アブシンベル」に向かいます。
これからアブシンベルまでの270キロ、バスの旅です。

続く~。
nice!(3)  コメント(4) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。